【2021年】WordPress有料テーマおすすめ5選まとめ!+α

wordpress有料テーマ_サムネ
困っているネコ
とりあえずWordPressでブログは作ったけど、有料テーマを買ったほうがいいのかな?買うならどのテーマが一番いいんだろう?

 

そんな疑問にお答えします。

 

  • ・テーマを導入すべき理由
  • ・有料テーマを選ぶときのポイント
  • ・WordPress有料テーマおすすめ5選
  • ・ダウンロードしたテーマをWordPressに設定する方法

 

本記事ではテーマを導入すべき理由おすすめの有料テーマ、またテーマを選ぶ際のポイントから、買った後のWordPressへの設定方法までを丁寧にお伝えします。

 

有料テーマを買うべきか悩んでいる方は、参考になると思うのでぜひ読んでみてください。

 

「おすすめの有料テーマだけ知りたい!」という方は、こちらから飛んでください。

 

 

テーマを導入すべき理由

wordpress有料テーマ2

 

WordPressブログにテーマを導入すべき理由は、HTMLやCSSのプログラミング知識がなくても、誰でも簡単に整ったブログを作成できるからです。

 

テーマには無料有料のものがありますが、どちらが良いのかというとやはり有料テーマを導入するべきだと思います。

 

なぜかというと、有料テーマの方がデザインがハイレベルなものが多かったり、内部SEOの対策がしっかりできていたり、またブログを書く際に時短になるような便利な機能が付いていたりするからです。

 

ですが、無料テーマにも上記を満たしているものもあれば、有料テーマで上記を満たしていないものもあるので、注意が必要です。

 

 

有料テーマを選ぶ時のポイント

wordpress有料テーマ3

 

僕が思う、有料テーマを選ぶ時のポイントは次の5つです。


  1. 金額
  2. デザイン
  3. 情報の多さ
  4. SEO対策
  5. 機能

 

一つずつ簡単に説明していきます。

 

金額

 

後で紹介するような、たくさんのブロガーに選ばれている有料テーマだと、だいたい10,000〜20,000円の間くらいで買うことができます。

 

10,000円以下のものもありますが、安いのに人気がないということは、どういうことなのか…ということですね。

 

 

デザイン

 

ブログを書いていく上で、やはり自分が好きなデザインだとテンションもモチベーションも上がりますよね。

 

なので、自分の好きなデザインかどうかも、テーマを選ぶ上で重要なポイントだと思います。

 

たいていどのテーマも「デモサイト」というのがあり、そのテーマを使ったカスタマイズ例があるので、それを見て検討することをおすすめします。

 

 

情報の多さ

wordpress有料テーマ6

 

テーマを導入した後に、デザインをカスタマイズしたくなったり、不具合やエラーが起こる場合があります。

 

そんなときはプログラミングの知識がないと自力での解決はほぼ無理なので、ググるしかありません。

 

有料テーマだと、無料テーマに比べてカスタマイズの情報やエラーに関する情報も多く、解決しやすいです。

 

有料テーマによっても情報量に違いはあるので、気になったテーマがあれば購入する前に「テーマ名 カスタマイズ」などでググってみても良いかもしれません。

 

 

SEO対策

 

SEO対策がされているテーマなのかを確認することも大切です。

 

例えば次のようなものがあります。

  • ・ページ表示速度が速い
  • ・タイトルにきちんとh1タグが使える
  • ・パンくずリストが使える
  • ・レスポンシブデザインに対応している

 

一例に過ぎませんが、こういったSEO対策ができていれば検索エンジンに評価されやすくなります。

 

 

機能

 

機能はテーマによっても強みや個性が様々です。

 

例えばこんな機能なんかがあります。

  • ・ボックスやボタン、見出しのデザインが豊富
  • ・ランキング表が簡単に作れる
  • ・バナーのようなデザインが簡単に作れる
  • ・テキストコピー禁止機能

 

各テーマの「強み」の機能は、それぞれの公式ページで確認できるので、購入を決める前に比較検討してみてください。

 

 

WordPress有料テーマのおすすめ5選

wordpress有料テーマ1

 

おすすめのWordPress有料テーマはこちらの5つです。


  1. THE THOR
  2. AFFINGER
  3. DIVER
  4. JIN
  5. SANGO

 

それでは順番にご紹介していきます。

 

 

THE THOR

wordpress有料テーマ9

 

THE THOR〈ザ・トール〉はSEOコンサルタント会社が開発したSEOに強いと評判のテーマで、WordPressの有料テーマの中でもトップクラスの人気を誇っています。

 

おしゃれ!という感じではありませんが、上質で本格的な見た目のブログを簡単に作ることができます。

 

またページの読み込み・表示速度は国内最高クラスです。

 

表示速度はSEOの観点でも非常に重要視されますし、ユーザーの離脱率にも関係してくるので、その点でもおすすめのテーマです。

 

価格はこちらの2プラン。

 

SEOに強いだけでなく、レスポンシブデザイン対応ランキング作成機能、記事を彩る見出しやアイコンのデザインが豊富だったりと、機能面も充実しています。

 

ちなみに本ブログもTHE THORを使っています。

 

》THE THOR公式サイトで詳しく見る

 

 

AFFINGER

wordpress有料テーマ10

 

AFFINGER〈アフィンガー〉も内部SEOが実装されていて人気のテーマです。

 

『「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ』というキャッチコピー通り、記事パーツのデザインが豊富だったり、読んでもらいたいおすすめ記事のヘッダーカードが簡単に作れたりと、ブログ運営に便利な機能が揃っています。

 

公式サイトでは実際にAFFINGER使っているブロガーさんたちのサイトを集めたページがあるので、検討する上ですごく参考になると思います。

 

 

》AFFINGER公式サイトで詳しく見る

 

 

DIVER

wordpress有料テーマ11

 

DIVER〈ダイバー〉は膨大な量のサイトを調査して、アクセス・回遊率・再訪問率がもっとも高くなるデザインを研究してつくられたテーマです。

 

カスタマイズ性にも優れており、HTMLやCSSの知識がなくても、簡単に本格的なサイトにカスタマイズが可能です。

 

入力補助というDIVER独自の機能もあり、ランキングQ&AQRコードなどなど、記事のクオリティアップに役立つパーツを驚くほど簡単に作ることができます。

 

今回ご紹介する有料テーマの中では一番金額が高いですが、デザイン、機能ともにハイクオリティなテーマです。

 

  • DIVER 1万7,980円(税込)

 

》DIVER公式サイトで詳しく見る

 

 

JIN

wordpress有料テーマ7

 

JIN〈ジン〉は有名アフィリエイターのひつじさんがこれまで培ってきた「アフィリエイト」と「SEO対策」の知識を集約して、プログラマーの方とともに作り上げたテーマです。

 

上で紹介してきた3つのテーマとはデザインのテイストが違い、こちらはおしゃれなフラットデザインでやわらかな印象があります。

 

現時点で11種類のデモデザインが用意されていて、気に入ったものをダウンロードすれば、クリックひとつでサイトを着せ替えすることができます。

 

JINの公式サイトにはマニュアルページあり、JINの設定方法からカスタマイズの方法Q&Aなど、アフターフォローも充実していて、初心者のことを考えたやさしいテーマだと言えます。

 

  • JIN 1万4,800円(税込)

 

》JIN公式サイトで詳しく見る

 

 

SANGO

wordpress有料テーマ8

 

SANGO〈サンゴ〉人気Webサイト「サルワカ」の運営者の方が開発したテーマです。

 

開設1年で200万PV/月を超えた「サルワカ」のノウハウが詰め込まれています。

 

デザインは爽やかでかわいらしい雰囲気です。

 

見出しやボタン、ボックスなどのデザインも豊富に用意されており、トップページの記事一覧をタブで切り替えられたり、うれしい機能が実装されています。

 

  • SANGO 1万1,000円(税込)

 

》SANGO公式サイトで詳しく見る

 

 

人気有料テーマ一覧表

 

上でご紹介した有料テーマを一覧表にしています。

 

どのテーマも複数サイトで利用可能なので、今後別のブログを立ち上げたい、となったときにも追加料金などがかからずに同じテーマを使いまわすことができます。

 

THE THOR AFFINGER DIVER JIN SANGO
TOPページ wordpress有料テーマ9 wordpress有料テーマ10 wordpress有料テーマ11 wordpress有料テーマ7 wordpress有料テーマ8
価格(税込み) 1万6,280円 1万4,800円 1万7,980円 1万4,800円 1万1,000円
複数サイト利用
特徴
  • ・SEOに強いと評判
  • ・ページ読み込み・表示速度が国内最高クラス
  • ・記事パーツのデザインが豊富
  • ・アクセス、回遊率、再訪問率が高くなるデザインを研究
  • ・カスタマイズ性に優れている
  • ・有名アフィリエイターひつじさんのノウハウを詰め込んだテーマ
  • ・初心者に親切
  • ・人気Webサイト「サルワカ」の運営者のノウハウが詰め込まれたテーマ

 

 

無料テーマを選ぶなら「cocoon」がおすすめ

wordpress有料テーマ12

 

「まだ有料テーマを導入する決心がつかない!」という方は、無料テーマのcocoon〈コクーン〉がおすすめです。

 

デザインがシンプルでダサくないですし、内部SEO対策済み。

 

レスポンシブデザインにも対応していて、無料とは思えないほどのクオリティです。

 

》cocoon公式サイトで詳しく見る

 

 

ダウンロードしたテーマをWordPressに設定する方法

wordpress有料テーマ5

 

最後に、テーマをWordPressに設定する方法をご紹介します。

 

 

①テーマをダウンロードする

 

まずは導入したいテーマを選び、公式サイトなどからダウンロードしましょう。

※有料テーマは購入手続き後にダウンロードができます。

 

wordpress有料テーマ12
THE THORのダウンロードファイル

 

拡張子が「.zip」のファイルがダウンロードされていればOKです。

 

 

②テーマをWordPressにアップロードする

 

次にWordPressのダッシュボードにログインし、「外観」 → 「テーマ」 をクリックしてください。

 

wordpress有料テーマ13

 

上の方にある「新規追加」をクリックし、次の画面で「テーマのアップロード」をクリック。

 

アップロードするファイルを選べるので、さっきダウンロードしたzipファイルをアップロードしてください。

 

zipファイルが複数ダウンロードされていて「〜-child.zip」となっているファイルがある場合は、それもアップロードしてください。

 

wordpress有料テーマ14

 

 

③アップロードしたテーマを有効化する

 

テーマをアップロードしたら、最後に「有効化」をクリックしてください。

 

これでテーマがブログに反映されたので、ダッシュボード左上の自分のサイト名にカーソルを合わせて、「サイトを表示」で確認してみましょう!

 

wordpress有料テーマ15

 

 

【まとめ】テーマを導入したら記事執筆をがんばろう!

wordpress有料テーマ16

 

最後に今回紹介したテーマをまとめておきます。


  1. THE THOR
  2. AFFINGER
  3. DIVER
  4. JIN
  5. SANGO

 

テーマを導入するのは、サイトデザインを整え、便利な機能でブログ執筆に集中するためです。

 

いわば準備万端でスタートラインに立った状態。

 

いかにSEOに強いテーマを導入しても、コンテンツの中身がしっかりしていないと意味がないので、テーマ導入後は記事執筆をますますがんばりましょう!

 

それではまた、次の記事で。

 


wordpress有料テーマ_サムネ
最新情報をチェックしよう!