【書評】新しい文章力の教室〈苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング〉

【書評】新しい文章力の教室_サムネ用

本書はマンガニュースサイトコミックナタリー元編集長唐木元さんによる著書です。

 

ニュースサイトの元編集長ということで、細かい文章表現についての項目もあり、まさにニュース記事のような長文を書く方には特に勉強になるかと思います。

 

一方、文章といえばビジネスではメールくらいしか書かない、という方にはオーバースペックな内容かもしれません。

 

仕事で企画書を書いたり、プレゼン資料を作る方、WEBライターさん、ブロガーさんなんかにも役立つ本だと思うので、まずはこの記事を読んでいただけるとうれしいです。

 

本書の概要

新しい文章力の教室_表紙

書籍名

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

著者 唐木 元
出版社 インプレス
内容 文章が書けないのはなぜでしょうか?うまい人はどうやって書いているのでしょうか?ニュースメディアで新人教育を担当する著者が、書ける人が自然にやっている基本を誰にでも学べる方法として伝授する初めての書籍。
企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなどあらゆる文章に有効です。(出版社コメントから引用)

 

【書評】新しい文章力の教室〈苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング〉

新しい文章力の教室_1

 

良い文章とは?

 

本書の良いところは、まず最初に「良い文章とは?」という“そもそも”の問いに答えてくれているところです。

 

著者が思う「良い文章」とは、「完読される文章」

 

「完読」という言葉はあまり聞き馴染みがないと思いますが、字の通り、「最後まで読み切る」という意味です。

 

著者は文章をラーメンに例えていて、どんな時にラーメンを食べ切れないかというと「多すぎる」「伸びている」「麺の喉ごしが悪い」…など。

 

それを文章に置き換えると、「文章が長すぎる」「タイムリーな話題じゃない」「リズムが悪くてつっかかる」といった感じ。

 

つまりその逆をいけば、完食されるラーメン=完読される文章になる、と述べています。

 

良い文章=完読される文章、という絶対的な判断基準を提示してくれているため、文章で悩んだときは、果たしてこれは「完読されるか?」と自問できるのでありがたいなと思いました。

 

文章はプラモデルに似ている

新しい文章力の教室_2

 

著者は「文章は書き始める前に、主眼と骨子を立てることが必要」と教えているそうです。

 

「主眼」とはテーマ(コンセプト、切り口)で、「骨子」とは主眼を達成するための骨組み。

 

そして骨子「要素」「順番」「軽重」の3つから構成されるとのこと。

 

文章の大枠はラーメンに例えられていましたが、文章の構成はプラモデルに似ていると書かれています。

 

プラモデルは、完成イメージの箱絵を念頭に置いて、組立説明書を読みながら、パーツを組み立てていきますよね。

 

文章でいうと、「箱絵=主眼」「組説=順番・軽重」「パーツ=要素」となります。

 

こんなふうに例えてくれると、「じゃあまずは、文章に必ず盛り込むべき要素を全部書き出して、それを見ながら書く順番と重要度を考える。そして、テーマに沿って構成していけばいいのか!」と理解が深まります。

 

噛み砕いた文章術

新しい文章力の教室_3

 

こういった感じで、例え話などを交えながら文章の素人にもすごくわかりやすく文章術を教えてくれる本です。

 

第1章は文章の書き方、構成の仕方といった基礎的な内容。

 

第2章、第3章は、文章をさらに洗練させていくためのテクニック的な内容です。

 

ざっくりとでもいいから、今よりもっとスムーズに文章を書けるようになりたい、とか基本的な構成の考え方を知りたい、という方は1章だけ読んでも良いかもしれません。

 

文章を仕事にするような方は、2章、3章もかなり勉強になると思います。

 

「文章を書かないといけないけど、パソコンを前にすると何から書いて良いかわからず手が止まる」
「文章が読みにくい、伝わらないと言われる」
「支離滅裂な文章になってしまう」

 

というような、文章を書くことに苦手意識がある方は参考になると思うので、ぜひ読んでみてください。

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

 

【書評】新しい文章力の教室_サムネ用
最新情報をチェックしよう!