【簡単解説】ポケットWi-Fiとは?メリット・デメリットを知っておこう

ポケットWiFiとは

「ポケットWi-Fiってよく聞くけど、どんなものかはわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。

 

ポケットWi-Fiはビジネスにはもちろん、帰省や旅行時にもあると便利なので、ポケットWi-Fiについて知っておくべき部分を簡単に解説します。

 

ポケットWi-Fiとは?

ポケットWiFi _画像

 

ポケットWi-Fiとは、スマホやタブレット、パソコンなどをインターネットにつなぐための、小型で持ち運びしやすい通信端末のことです。

 

スマホなどの使いたいデバイスをポケットWi-Fiに設定することで、簡単にインターネット接続することができます。

 

ポケットWi-Fiを介してネットにつなげば、スマホ側のデータ通信容量を使わずに済みますし、パソコンやネット契約していないタブレットでネット通信が可能になります。

 

また一つのポケットWi-Fiに複数台、複数人で接続することも可能です。

 

 

ポケットWi-Fiとモバイルルーターの違い

ポケットWiFi=モバイルルーター

 

ポケットWi-Fiは、モバイルルーター」「モバイルWi-Fiと呼ばれることもありますが、同じものなので安心してください。

 

どういうことかというと、「ポケットWi-Fi」というのは商品名で、「モバイルルーター」「モバイルWi-Fi」は機器の総称なんです。

 

頭に「?」が出ますよね。

 

冷却シート説明

 

わかりやすく例えると、熱が出たときに頭に貼る「冷却シート」がありますが、冷却シートは製品の総称で、メーカーごとに「熱さまシート」とか「冷えピタ」という商品名がつけられています。

 

冷却シートという総称より「熱さまシート」というふうに、商品名で呼ばれることがほとんどだと思います。

 

そんな感じで、ポケットWi-Fiという商品名のモバイルルーターがあり、ポケットWi-Fiという呼び名が浸透しすぎてモバイルルーターのことをポケットWi-Fiと呼ぶのが一般化してしまったというわけです。

 

 

ポケットWiFiと光回線(固定回線)の違い

 

ポケットWi-Fiと光回線(固定回線)の違いを簡単にまとめるとこちら。

 

ポケットWi-Fi 光回線(固定回線)
ポケットWiFi _画像 光回線ルーター_画像
利用できる場所 家でも外出先でも利用可 家でのみ利用可
回線速度 速い 非常に速い
速度制限 プランによっては上限超えるとあり なし
回線工事 不要 基本的に必要
利用開始までの期間 届いたら即日利用可 数週間

 

両者の違いから考えると個人的には、回線速度、速度制限なしという点から、家では光回線(固定回線)を使用。

 

帰省や旅行時の数日間や、引っ越し等で光回線が使えない期間のつなぎとして、ポケットWi-Fiを短期レンタル使用。

 

という使い分けが良いのではないかと思います。

 

最近ではネット完備のマンションで、入居すればすぐにネットが使えるという場合もあります。

 

そうでない場合は、光回線の工事費はまあまあかかるので、その初期費用が大きなデメリットに感じるなら、家でもポケットWi-Fiがありかもしれませんね。

 

 

ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

wifi-image_3

 

ポケットWi-Fiのメリット・デメリットを簡単にまとめるとこちら。

 

メリット

  1. 家でも外でも使える
  2. 手のひらサイズの小型で、配線などもないので外にも持ち運び可能
  3. 工事不要で機器到着後すぐに利用可能
  4. 1日〜の短期レンタルができる

 

ポケットWi-Fiのサイズはスマホと同程度の手のひらサイズで、コードなどもなく端末一つで完結します。

 

小型なので持ち運べて、家でも外出先でも 使えるのがメリットです。

 

もちろん工事も不要で、ポケットWi-Fiが届いたら簡単な設定をするだけですぐに使い始められますし、年単位の長期契約も、帰省や旅行用として短期(1日〜)のレンタルも可能です。

 

 

デメリット

  1. 充電が必要
  2. 通信会社の電波が入らないエリアでは使えない
  3. 光回線に比べると通信速度が遅い
  4. 契約プランによっては速度制限あり

 

ポケットWi-Fiは機器本体の充電が必要です。

 

ポケットWi-Fiを契約すれば充電用のACアダプターは付いてきますが、外出先などコンセントに繋げない状態で大容量・長時間利用する場合は、モバイルバッテリーや車で充電できるカーチャージャーがあれば安心です。

 

ポケットWi-Fi はいろんな通信会社が提供していますが、使うポケットWi-Fiの通信会社の電波が入らないエリアでは使えないのもデメリットです。

 

帰省先などで使いたい場合は「へんぴな場所で電波が入らなくて使えない」ということにならないよう、事前に各通信会社の電波が入るエリアを調べておくことをおすすめします。

 

wifi-image_2

 

また光回線に比べると通信速度が遅いのですが、例えば4K動画を視聴するのに推奨される通信速度は20Mbpsで、ポケットWi-Fiは20Mbps以上の機種も多いので、特に問題はないように思います。

 

契約プランによって、データ容量上限を超えると速度制限がかかるのもデメリットです。

 

ただしデータ容量無制限のプランを提供している会社もあるので、自分のネットの使い方に合わせて選べば、こちらも問題ないかと思います。

 

データ容量無制限プランがある会社

  • ・Y!mobile
  • ・UQ WiMAX
  • ・au

 

 

ポケットWi-Fiのおすすめの使い方

 

上でも書きましたが、ポケットWi-Fiは長期契約ではなく、帰省や旅行時といった短期間に、WiFiレンタルどっとこむのようなサービスを利用して、サクッとレンタルで使うのがおすすめです。

 

レンタル期間と機器の受取り場所、機器を選ぶだけで簡単に借りられ、場合によっては当日発送も可能なので便利ですよ。

 

下記の記事でWi-Fiレンタルどっとこむについて詳しく書いているので、よければ読んでみてください。

 

あわせて読みたい

長期休暇で実家に帰省した際や、旅行の移動時間の暇つぶしに困ったことはありませんか?   YouTubeやNETFLIX、アマプラならいくらでも暇つぶしはできますが、実家にはWi-Fiもない。   かといって、スマ[…]

Wi-Fiレンタルどっとこむがおすすめ サムネ

 

》WiFiレンタルどっとこむの詳細はこちらから

 

ポケットWiFiとは
最新情報をチェックしよう!